5月のお酒「うみ越中」を味わう

5/20に発送された今月のお酒「うみ越中 純米吟醸」。

白魚、ほたるいか、牡蠣など、良質な海の幸が豊富な富山湾にほど近い富山市婦中町に蔵を構える「吉乃友酒造」さん。
年間生産高350石という決して大きくない規模のため、地元の方々を中心に愛されている、他の地域ではなかなか出会うことのできない酒蔵さんです。

そんな吉乃友酒造さんの今期の造り最後のお酒を、日本酒にしようプロジェクト会員様のためだけに!!と頼みこんで搾っていただいたオリジナル日本酒が「うみ越中 純米吟醸」。

皆様もうお試しいただけましたでしょうか。

いまでこそ日本酒は「純米酒」を楽しむ愛好家が多いですが、ひと昔前、昭和40年代頃は普通酒が全盛の時代でした。
吉乃友酒造は、この昭和40年代に「純米酒のみを製造・販売する酒蔵」として富山県初の全量純米蔵となった、日本酒本来の姿に力を注ぐ酒蔵さんです。

「うみ越中」は、お米は富山県産の「富の香(とみのかおり)」、酵母は県で抽出された「りんごの花酵母」を使用。
県外ではなかなか出会う機会の少ない、オール富山の純米吟醸です。

もちろん、製造年月は今月の日付。火入れもせず、搾った状態のままで皆様のご自宅にお届けしております。

さてお味はどうでしょう。

香りは、白いお花の蜜を連想するような柔らかな甘やかさ。りんごの花酵母由来でしょうか。
一方で味わいはキュキュッと酸味が効いた引き締まった味わいです。
全体的に爽やかな印象。
この少し気温があがってきた季節に、キンと冷やしてワイングラスに注ぎ単体でも楽しめそうです。

合わせるお料理は、この季節が旬の、独特の苦みが美味しいアスパラガスやそら豆を焼いて野菜の素材とそのまま合わせても楽しそうです。

でもなんといってもイチオシは「ほたるいか」!!
ほたるいかは富山湾の名産でもあり、まさに4〜5月頃にかけてが漁の最盛期でもあります。
茹でたほたるいかにシンプルに酢味噌を乗せるだけで、「うみ越中」の爽やかな酸味とのマリアージュが楽しめます。
ご自宅にいながら5月の富山湾を満喫した気分になれそうですね!

日本酒とお料理の合わせ方、感じ方に不正解はありません。
自分が「美味しいな」と感じたらそれが正解ですので、可能性は無限大です。
ぜひ、貴方だけの美味しい肴をぜひ見つけてください。

以上、お酒選定を担当しているきき酒師、豊田の独り言でした!


吉乃友酒造(富山県富山市)

北アルプス立山連邦と富山湾のほぼ中間地点、富山市婦中町。
今月、会員の皆様にお届けするお酒「うみ越中 純米吟醸」を造る「吉乃友酒造」はこの地に蔵を構えます。

富山県は県下全域で地下水が非常に豊富な土地。

この地に降った雨や雪は、長い年月をかけて地中に浸み込み、富山の気候風土を形作ります。

_____

吉乃友酒造では、この県民の生活には欠かせない地下水を、蔵の地下60メートルから汲み上げます。
創業の1877年(明治10年)から138年間、ずっと。

この地下水は軟水でまろみがあるのが特徴。
飲料水としておいしいのはもちろん、吉乃友酒造の酒造り・酒の味わいを決定付ける上でも大きな役割を果たします。

吉乃友酒造の年間生産数量は約350石(一升びん換算にして約35,000本)と、決して大きな蔵ではありません。
ですが、その原料には、全て富山県産米を使用(平成27醸造年度)。
また、原料米の8割以上で酒造好適米を使用しており、米にも強いこだわりも持つ蔵です。

今月のお酒「うみ越中 純米吟醸」は、富山県で品種改良された酒造好適米「富の香(とみのかおり)」と、同じく県で抽出・培養された「りんごの花酵母」を使用。
吉乃友酒造の今期の酒造りの一番最後に、日本酒にしようプロジェクトの会員様向けに、お酒を搾ってくださり、
この新緑の季節にぴったりの、瑞々しくキリっと酸の効いたお酒に仕上げていただきました。

よく冷やしてお楽しみ下さい。

_____

吉乃友酒造(富山県富山市)
1877年(明治10年)創業。
蔵は代々吉田家が守っており、現社長の吉田満は五代目当主。
昭和40年代に当時では全国的にも珍しい「純米酒」の製造・販売に着手。
以来、日本酒・清酒本来の姿である純米酒造りに力を注ぐ。
「良心的な酒を造り、皆様に楽しく飲んでいただく」が蔵の理念。
幅広い料理と調和し飲むほどに「良さ」「旨さ」がわかる飲み飽きしない酒を目指して酒造りを行う。


きときとのさけ

標高3000mの立山連峰から、水深1000mの富山湾へ。

この世界に類を見ない高低差4000mの地形を、激流は走る。

言ってみれば、富山は常に洗われているような状態にある。

その新しくあり続ける水は、米を旨くする。魚を旨くする。

そして酒を旨くする。食の上で言えば、ここは理想の地と言っていい。

きときとの白海老、きときとの蛍烏賊、きときとの牡蠣。

鮮度を表す「きときと」という言葉がこの地に

息づくのもこの地形と無関係ではない。

きときとの水と、きときとの米でできた、きときとのさけ。

お届け商品:「うみ越中 純米吟醸」(富山県富山市・吉乃友酒造
商品発送日:2016年5月20日(金) 予定


あのお酒をもう一度飲みたい!『リピート配送』ついに開始!

※当サービスは「日本酒にしようプロジェクト」会員様限定となります。

多くの会員様にご要望いただいておりました、「過去に送られたお酒をリピート購入したい!!」というお声にお応えすべく、毎月限定本数にてご予約いただける仕組みが完成いたしました!

2016年5月のリピート対象商品は、以下の2商品です。

1. 「そら紫波」特別純米 活性にごり(スパークリング)  岩手県紫波郡・廣田酒造店
2. 「アメカンムリ霞」特別純米 生原酒  岩手県陸前高田市・酔仙酒造

その月によって、対象となる商品が異なりますので、お見逃しなく!
詳細は、「リピート配送」ご予約フォームからどうぞ。

◎ ご予約〆切: 2016年5月10日(火)17時

先着順にて受付いたします。
ご予約が対象本数に達成した時点で、当予約フォームをクローズさせていただきます。

<ご予約〜配送の流れ>
1. 当フォームにて、リピート商品をご予約 (会員様→当プロジェクト)
2. メールにて、ご予約内容と金額をご連絡 (当プロジェクト→会員様)
3. 今月の定期配送日に、通常商品とリピート予約商品(小冊子付き)を同梱してお届け (当プロジェクト→会員様)

<お支払い>
リピートご予約分を加算の上、当月ご請求となります。
◎ クレジットカードの方: 合計金額を同月にお引き落とし
◎ 代金引換の方:     合計金額を商品お受取り時にお支払い


5月のお届け商品と発送日のご案内

お届け商品:「うみ越中 純米吟醸」(富山県富山市・吉乃友酒造
商品発送日:2016年5月20日(金) 予定

umi_ecchu_pic

富山湾にほど近い「吉乃友酒造」より搾りたての日本酒をお届けします。
富山県で栽培された酒米「富の香」と、
地元で抽出された「りんごの花酵母」を使用。瑞々しくキリっと酸の効いたお酒に仕上がりました。
新緑のこの季節にぴったりな、爽やかな味わいです。

yoshinotomo