60年間変わらない造り方。木戸泉酒造さんの魅力

今月お届けした「うみ夷隅(いすみ)」。
会員の皆様はもうお楽しみいただきましたでしょうか。

会員ではない方も、(会員登録後にはなりますが)これからご注文いただくことも可能です!
会員へのご登録はこちらから。
  
  
当プロジェクトとしては珍しく、今月のお届けのお酒は搾りたてのフルーティなお酒ではなく、あえて半年間寝かしたお酒をお届けしました。
この春から蔵の中で寝かせた「秋あがり(ひやおろし)」。

普段、熟成のお酒は飲まれない方もいらっしゃるかもしれませんが、この古くて新しい世界も魅力的なのです。
しっかりとしたボディ、旨味、酸味。
「うみ夷隅」には、華やかフルーティな日本酒にはない魅力が詰まっています。
   
60年前に木戸泉酒造さんが始めた「高温山廃仕込み」という方法。
現社長の先々代から始まり、木戸泉酒造さんでは今もすべてのお酒をこの手法で造ります。
この仕込み方で造られたお酒はしっかりとした酒質となり、長期熟成にも耐えうる酒となります。

_MG_4780
そんな木戸泉酒造さんは、長期熟成・古酒を得意とする酒蔵さんとしても有名です。
  
淡麗辛口が流行った頃など、木戸泉スタイルのどっしりとした酸の強いお酒は世間からもなかなか受け入れられず苦労した時代もあったとか。
それでも、ぶれずにこの味わいと長期熟成の研究を代々続けてこられたそうです。
  
_MG_4914
​蔵の敷地内に、「ギャラリー泉」というスペースがあります。

_MG_4896
​その中では、1974年(40年以上前)からの古酒がずらりと並んでいます。

_MG_4899
​グラデーションが美しい。日本酒も年月を重ねるとこんな色合いになるのですね。
どれも、現役で商品として販売されているというから驚きです。

_MG_4904
​30年以上前のもの。日本酒とは思えない濃厚で複雑な味わい。
相変わらずボディと酸は健在です。

_MG_4790
木戸泉酒造の社長さんは今年の8月に先代のお父さんから代替わりしたばかりの、5代目の荘司勇人さん。
まだお若いですが、お酒造りの責任者である杜氏も兼務されています。
若い荘司社長が、この古酒の世界を守りつつ、これからどのように新しい日本酒業界をリードされていくかも楽しみです。
   
  
日本酒を、古酒としても素敵な商品として世に送り続ける。
そんな、他にはなかなか出会うことのできない、古くて新しい木戸泉酒造さんのご紹介でした。

なお、木戸泉酒造さんは首都圏からもアクセス抜群です。
酒造りのシーズン(10月〜4月)には、ご予約の上、実際にお酒が造られる姿を見学に行かれるのもよいかと思います。
蔵内販売所にてお酒の試飲も可能だそうです!

___________________
木戸泉酒造株式会社
千葉県いすみ市大原7635-1
TEL:0470-62-0013
アクセス:http://kidoizumi.jpn.com/アクセス