「やま武蔵 純米生原酒」が日本農業新聞に紹介されました

当プロジェクトが松岡醸造(埼玉県比企郡)と共同開発した商品、「やま武蔵 純米生原酒」・松岡醸造)が日本農業新聞に紹介されました☆
お肉にも、日本酒にしよう。

「焼酎、日本酒 肉料理との相性追求 “イメチェン”で販路拡大 酒造メーカー」 (2016/4/14)
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=36973
—–
以下、記事より抜粋:
「松岡醸造(埼玉県小川町)が昨年9月に売り出した純米生原酒「やま武蔵 笠山」も、焼き肉店から引き合いが増えている。日本酒のアルコール度数は通常15、16度だが、19度と高めにして、濃厚な味に仕上げた。取り扱う東京都内の焼き肉店は「しっかりした風味で、焼き肉の濃い味に負けない点が良い」と評価する。
 若者や女性の「肉食ブーム」を踏まえ、松岡醸造の松岡奨専務は「和食の印象が強い日本酒だが、狙いを肉に絞って提案すれば、まだ販路を広げられる」と強調する。」