岐阜県各務原市 小町酒造

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」

【お酒について】
岐阜の誇る清流の伏流水と、岐阜のお米で醸した純米酒。
お米の味を引き出す為に米麹はお米をしっかりと溶かしてくれる“総はぜ”にしました。醗酵期間も低温&長め…旨味を引き出しながらも飲みやすい後口を表現することができました。新酒搾りたてですので、冷蔵庫でしっかりと冷やしてグラス等でさらっと飲むのがおすすめ。
味のしっかりとした純米酒なので、タレ味や照焼き・味噌系の旨味のある鍋料理などが合います。料理をしっかりと味わいながら、お米の旨味をゆっくりと楽しんで頂けるそんなお酒に仕上がりました。

【ラベルについて】
篆刻家の松尾碩甫さんとのコラボラベル。
今年は寅年。寅(虎)をイメージした印影をモチーフにラベルを仕上げました。
タイトルの由来は、虎が住むほら穴に入らなければ、その中にいる虎の子を捕獲することはできないという意味が込められています。あえて身の危険を冒さなければ、大きな成果を挙げることはできないという例えになります。
これから始まる1年を祈願したラベル。
ぜひ、この日本酒を飲みながら新年をお祝いされてください。

※生酒ですので到着後、必ず冷蔵保管でお願い致します。
※開栓後はなるべく早めにお召し上がりください。

商品名:『虎穴に入らずんば虎子を得ず』

小町酒造(岐阜県各務原市)

・特定名称 純米酒
・精米歩合 60%
・アルコール度数 16%
・使用米 飛騨ホマレ
・酒度 +3
・酸度 1.6

発送日 2022年1月21日前後から順次発送予定
※上記内容に変更となる場合がございます。
予めご了承ください。

酒蔵の紹介

岐阜県各務原市 小町酒造

明治27年創業。日本の中心、岐阜県の南西部に位置し地下水も豊富。仕込水は、蔵の地下に流れる清流長良川の伏流水を使用している。歴史ある美濃の風土を酒で伝え、「旨味ある酒」造りがモットー。お酒の仕込みと熟成中に音楽を聞かせることで「自然音楽響く酒蔵」としても注目されている。地元の米と水、そして音楽で岐阜地酒を醸す酒蔵である。
住所:〒504-0851 岐阜県各務原市蘇原伊吹町2丁目15
https://www.nagaragawa.co.jp/

さらに詳しい酒蔵の紹介や日本酒の説明は
お届けする小冊子に記載しております。

小冊子には料理人が考案した
一緒に合わせていただきたいレシピなども
掲載しております

「日本酒にしよう」定期便の
詳細とお申し込みはこちら

お届けしたしぼりたての日本酒

過去にお届けした酒蔵こだわりの
しぼりたて日本酒の一部をご紹介します。

日本酒にしようについて聞いてみる

日本酒にしようのサービスについて、
ご不明な点やご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
スタッフが親身になってご対応させていただきます。

旬に合わせた日本酒を、毎月定額で。

image
image