岐阜県岐阜市 日本泉酒造

「オノマトペかんかん」

四季醸造の日本泉ならでは、夏の時期には大変珍しい搾りたてのスーパーフレッシュなお酒です。
低温で丁寧に仕込んだもろみを昔ながらの木槽でゆっくりとしぼり無濾過・無火入れでそのままビンに詰めました。
芳醇でフルーティーな味わいは和食に限らずチーズを使ったお料理とも相性良し。
暑い季節なので「冷や」がおすすめ。よく冷やしてお楽しみくださいませ。

※生酒ですので到着後、必ず冷蔵保管でお願い致します。
※開栓後はなるべく早めにお召し上がりください。

商品名:『オノマトペかんかん』

日本泉酒造(岐阜県岐阜市)

特定名称:特別純米
精米歩合:60%
アルコール度数:17度以上18度未満
酒度:+2
酸度:1.5

発送日 2021年7月19日前後から順次発送予定
※上記内容に変更となる場合がございます。
予めご了承ください。

酒蔵の紹介

岐阜県岐阜市 日本泉酒造

岐阜の玄関口「岐阜駅」そばにあるビルの地下に、こちらの酒蔵はあります。
地下の安定した温度を生かし、1年を通じて酒造り…蔵出しできたてのおいしさをいつでも実感できるのが特徴です。
名水百選のひとつである清流長良川の伏流水、その中でも「清水町」の水で醸すれば、日本に誇れる酒が造れると確信をもって創業者が名付けた社名こそが「日本泉」です。
.
<<日本泉酒造へのインタビュー>>

●まずは、日本泉酒造さんの酒造りの基本的なこだわりを教えてください。
「昔ながらの製法で、手間を惜しまずつくる」がモットーです。
一般的には機械化されているもろみを搾る工程も、木槽を使った昔ながらの方法を採用しており、雑味が少ないまろやかなお酒に仕上げています。
「効率よりも品質第一」をコンセプトとしておりますので、日々の作業はじっくりと行ない、お客様の「おいしい!」の笑顔を励みに丁寧な仕事を心掛けております。
時代にあった新しいスタイルも取り入れつつ、職人による手づくりの酒をつくり続けていきます。

●「四季醸造」をするのに必要な条件や作業はありますか?
日本酒は、冬に1年分の酒を大きなタンクに仕込むのが一般的ですよね。私たちの酒蔵は地下にあるので、年間を通じて気温が安定するという特性があります。なので、それを活かして「四季醸造」をすることにしました。さらに、日本酒を醸造するタンクの周囲に冷却水を流して、温度と「もろみ」を徹底的に管理しています。そのため蔵内でしか飲めないような搾りたてのフレッシュなお酒を一年通して製造し、お客様にお届けすることができるようになりました。


●日本泉酒造さんといえば「生酒」ですが、生酒の魅力はどういったところでしょうか。
「気軽に楽しく」日本酒を楽しめる…というところですね。
日本酒を飲んだことがあまりない方や女性にこそ、私たちの生酒から始めてみてほしいと思っています。
生酒は加熱処理をしないため酵母が活きた状態のお酒なので、もぎたてのフルーツのようなみずみずしさで、それはまるで「お米のワイン」と言えます。
香りを楽しむために、ワイングラスに注いで頂き、「日本酒ヌーボー」ともいうべき、生酒ならではのフレッシュな香りをお楽しみ頂ければと思います。日本酒というと少し緊張してしまうようなイメージもあるかもしれませんが、生酒は気軽にカジュアルに楽しんで頂けるのが魅力です。

●駅のすぐ近くというところで、酒蔵見学などにも力を入れていらっしゃいますか?
JR「岐阜駅」南口から徒歩1分の便利な立地を利用して、電車の待ち時間やお買い物の途中にお気軽にお立ち寄り頂き、日本酒をもっと身近に楽しんでいただくために、酒造見学は毎日開催しています。20分ほどの見学時間の中に、日本酒の製造工程や日本泉のこだわりをお伝えし、最後には生酒の試飲もお楽しみいただけます。全種類の生酒をお一人様一杯ずつお楽しみ頂けるので、日本酒好きの方にも大変ご好評頂いております。
(※現在は新型コロナウィルス感染予防対策のため、現在蔵見学及び試飲のご予約は中止しております。)

●酒造りの工程の中でとくに力を入れている部分を具体的に教えてください。
「もろみ」を作るのには酒母をタンクに入れ、麹、蒸米、水を3回に分けて加え、発酵させます。私たちは「ゆっくりと」発酵させることでいいもろみができると考えておりますので、発酵期間は約3週間から1ヶ月と時間をかけております。
また、もろみを圧搾して濾過し、清酒と酒粕に分離し、お酒を搾るための道具を槽といいますが、ぎゅっと機械で完全に絞るのではなく、槽絞りで優しくあえて絞り切らないことで、生まれたてのお酒のフレッシュでみずみずしいお酒の風味を残しております。

●今後の展望を教えてください。
「より大量に・より安価に醸造する」ことが求められがちな今だからこそ、私たちは細かいところまで気を配った麹作り、懐子を育むようにゆっくりと時をかけた「もろみ」管理、昔ながらのじわりと搾る木槽による上槽にこだわり、手間ひまを惜しまず、ハンドメイド・イズ・ベストの酒造りを続けていきたいです。心をかけ、時間をかけ、手をかけて完成させた、日本泉の製品を日本だけでなく海外の方にもお伝えしていけたらと思います。
また「生酒といえば日本泉さんだよね」という風に皆様に認知してもらえるように、生酒の魅力も広めていきたいです。


(取材・ライター:大沼史枝)

さらに詳しい酒蔵の紹介や日本酒の説明は
お届けする小冊子に記載しております。

小冊子には料理人が考案した
一緒に合わせていただきたいレシピなども
掲載しております

「日本酒にしよう」定期便の
詳細とお申し込みはこちら

お届けしたしぼりたての日本酒

過去にお届けした酒蔵こだわりの
しぼりたて日本酒の一部をご紹介します。

日本酒にしようについて聞いてみる

日本酒にしようのサービスについて、
ご不明な点やご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
スタッフが親身になってご対応させていただきます。

旬に合わせた日本酒を、毎月定額で。

image
image